中古ドメインの探し方とSEOチェキ

中古ドメインをいざ買う、となって販売サイトを見ても値段はピンキリ、ランクも色々でよくわからん…となる人、意外と多いらしいです。出来れば安く済ませたいけど効果は欲しい!という方に是非読んで頂きたい中古ドメインの探し方!

ネットの住所である中古ドメインとサイトテンプレート

ドメインは、インターネット上の住所みたいなものです。
サイトを作成しても、ドメインを契約しなければインターネット上に公開できません。
インターネット上にサイトを作成するなら、必ず用意する必要があるのです。
中古ドメインとは、以前に他人が使っていたドメインのことです。
一般的にドメインは一年ごとに契約をしており、更新しなければ期限が切れます。
期限が切れると中古ドメインとなり、一般に流通し誰でも手に入れられる状態になるのです。
他人が使っていたインターネット上の住所を手に入れるわけですから、中古ドメインには利点があります。
中古ドメインの利点は、SEOに有利になることです。
元々ページランクが高く被リンクの多かった中古ドメインは、内容が変わっても関係ありません。
以前と同様にインデックスが早く、新しいサイトでも検索エンジンで上位に表示されます。
また、新規ドメインは一定期間フィルターがかけられ、上位表示されにくいです。
しかし、中古ドメインだとフィルターがかけられないので、公開直後に上位表示されることも無理ではありません。
利点の反対となる欠点は、SEOで逆効果になる可能性もあることです。
ページランクが低かったり質の悪いサイトの住所を使っていると、公開したサイトも同様の評価を受けます。
また、質の良い中古ドメインは需要が高く高額なので、簡単に入手することはできません。
利点と欠点を考えながら、購入するか決めましょう。
中古ドメインを購入してインターネット上の住所が決まったら、テンプレートなどを決めてデザインしていきましょう。
見やすいテンプレートを使い役立つ内容のサイトを作成すれば、自然と訪問者は増え検索エンジンで上位表示されるようにもなります。