中古ドメインの探し方とSEOチェキ

中古ドメインをいざ買う、となって販売サイトを見ても値段はピンキリ、ランクも色々でよくわからん…となる人、意外と多いらしいです。出来れば安く済ませたいけど効果は欲しい!という方に是非読んで頂きたい中古ドメインの探し方!

無双的な中古ドメインと注意したい名義変更

中古ドメインを調べているとかなりの差があることが分かってきます。評価のポイントとしてはインデックスの数やバックリンクの数が目立つところですが、さらに注目されているのがソーシャルブックマークやディレクトリサービスへの登録状況です。これらの情報はツールで調べることもでき、数は少ないですが、すべての項目で素晴らしい状況の中古ドメインもあります。このような無双とも言える中古ドメインはめったにお目にかかれませんが、見つけたらすぐに活用したいものです。中古ドメインを活用する際に注意したいのが名義変更です。中古ドメインは一般的なドメインと同様に3つの名義がありますが、特に所有者情報は購入後すぐに変更したいところです。所有者情報が書き換えられれば移転もすぐにできます。ただ、個人情報なので表に出したくないという場合も多いです。その場合はレジストラが用意することが多い、匿名サービスを利用すると良いです。匿名サービスはレジストラが代理所有者として情報を出してくれるサービスです。ただし、一部のドメインでは対応していないのでレジストラの匿名情報を事前に確認しておきたいところです。また、料金もレジストラによって変わっているので要注意です。中古ドメインを導入する場合、匿名サービスを利用してもドメインの評価が変わることはありません。ドメイン評価は主にウェブサイトの情報で変わるものだからです。中古ドメインの各種効果を引き継ぐための最大のポイントはパスの設定とも言われています。特にインデックスのパスは切れてしまうと削除されてしまうことが多く、すぐにコンテンツを接続したいところです。また、可能な限りコンテンツとインデックスの内容は合わせる必要もあります。